正しい努力がちゃんと報われる社会がいい。

「努力」に関する記事がいろいろと話題になっています。

がんばった人が報われる社会なんて嫌だ - 意味をあたえる

 

そもそも「報われる」ってなんですか。

 

例えば、大切な人の誕生日に喜んでほしくて、レストランを予約し、プレゼントを買いに歩き回り、当日は最高のおもてなしをしようと「がんばった」とする。それで大切な人が喜んでくれたら、たぶんその努力は「報われた」ことになると思う。

 

だけど、喜んでもらえないことだってある。なんたって人のことだから。プレゼントが気に入らなかったのかもしれない、料理がたまたま美味しくなかったかもしれない。たんに体調が悪かっただけなのかもしれない。がんばった人は残念に思う。でもそれは仕方ないことだ。誰が悪いわけでもない。

 

「報われる」という感情は、とても個人的な感情だと思う。「自分は報われてない」と思う人は、「自分はこんなに頑張っているのにどうして報われないのだろう」と感じている。言い換えれば「自分が社会や他人に対して要求するほどの見返りがなかった」と感じているのだと思う。「がんばり」というインプットをに対して「見返り」というアウトプットが少ないときに「報われない」と人は思うのだろう。

 

「正当な努力をしたひとが、正当に報われる社会」こそが、理想の社会だと僕は思っている。そういう意味で、今の社会はとてもよくできた社会でもある。正しい努力にたいして、成果は割と正しく返ってくる(と個人的には思っているけど、きっとそうじゃないと言う人もいるだろうけど)  。

できることならば、すべての正しい努力が、報われてほしいと思う。今この瞬間、センター試験を目指して不安を抱えながら机にむかっている高校生の努力が報われてほしい。部活動で誰よりも練習をした少年の努力が報われてほしい。街のパン屋さんが寒い朝早くから起きてつくるパンがみんなに喜んでもらえたらいいなと思う。

でも、もしかしたら、テストはうまくいかないかもしれない。試合にはでれないかもしれない。雨がふってパンは売れないかもしれない。だからといって、誰かを恨んではいけない。そこから学んで、また頑張るしか道はない。 

そういう意味で、この社会は厳しく、非情だ。いつだって「がんばる」ことを求められる。「行動」というインプットなしに「見返り」とうアウトプットは戻ってこない。それはもう自然の摂理みたいなものだ。何もしてないでゴロゴロしている人に、愛情もお金も降ってわいてこない。

 

だからこそ、今日もどこかで行われている、正しくてまっすぐな努力が、ちゃんと報われますように。

 

 

 

本当に「近頃の大人」はロクなのがいない。

この期に及んで、こんなタイトルの記事がダイアモンドから出てて悲しくなった。若者ががんばっているのに、大人が邪魔をしている構図。

「おにぎり2万個」握った女子マネージャーの美談に賛否両論! 「夏の甲子園」は本当に必要なのか? - ニュース・コラム - MSNマネー

 

勉学を犠牲にして、おにぎりを2万個握ることが、彼女のキャリア形成にどのように役立つのか。彼女の行為を賛美する人たちは、その視点が決定的に欠けている。

 

まず、彼女の行為を賛美する人たちも「その視点」は持っていると思う。ただ、高校生にとって、机にむかって勉強するより、遥かにそれが人生に役立つことだと知っているだけだ。彼女の経験は、これからの受験勉強にも活きるし、その後のつらく長い人生の確固たる支えになる。(そもそも、甲子園に出るまで選手と努力して、一緒に涙を流すような経験は、その時点で最高の「キャリア」だと思うのだけど) 

 

部活だったり、恋愛だったり、音楽だっていいし、遊びだっていい。本気になれるのなら何だっていい。その瞬間にしか味わえない想いとか、経験が高校生には必ずあるし、それらは通り過ぎたら、もう二度と手に入らない。

そういうものが人生において(とくに10代の人生において)最も重要な要素の一つのはずなのだけど、この竹井さんという人は経験がなかったのかもしれない。「教育的視点」とか言ってるけど、そんな人に教育など語ってほしくない。そして彼女たちの活躍をネタにしてPVを稼ぐタイトルつけるような人に「ソーシャルプランニング」も語ってほしくない。

 

それに比べて、高校生たちは今年も最高にかっこよくて美しかった。マネージャーの彼女は絶対に志望する大学に行けると思う。だって彼女はがんばることの意味も尊さもを知っている人だから。

 

このインタビューはとてもよかたです。ぜひ読み比べてほしいと思います。

春日部共栄のおにぎりマネ・三宅さん引退 「後悔はないです」 - withnews

  幼稚園の先生になることです。結構前からの夢です。小さい子が好きなので。
マネージャーになることも、クラスを落とすことも、自分を曲げないで頑張ってやりとげました。
 この夢も曲げないで、かなえたいです。

ほんとうにお疲れ様でした。

どうか若いみなさん、大人たちの声など気にせずに、自分の夢を曲げずにがんばってもらいたいと、ダメな大人のひとりとして心から思います。

 

以上です。

 

それでも本を読んだ方がいい理由。

 

新潮文庫の100冊を筆頭に、今年の夏も恒例『文庫祭り』が始まりました。今年の新潮文庫のサイトはこんな感じです。

 

f:id:MAKINO1121:20140705233902p:plain

さて、本を読むことの意義に関しては、昔からずっと議論されています。

本を読むには時間がかかる。これだけSNS(主にTwitter、Facebook)で小さい単位の情報に触れている人にとって、一冊の本は長過ぎる。それでも、本を読むことに意味はありますか?と思っても仕方ない。

 

僕は本が好きだし、できるだけ多くの人に読んでもらいたいと思う。そして、それでも本をよんだほうがいいと思う理由が、僕にはひとつあります。一言でいってしまえば、物語は人を救うからです。

 

とても個人的な話ですが、僕は大学時代、高田馬場の駅前で酔っぱらってみんなで校歌を熱唱しているような早稲田大学のノリにうまく馴染めず、4年間のほとんどを独りで過していました。自分が何のために生きているのかさっぱり分かりませんでした。頭を抱えて絶望することもありました。控えめに言って、コミュニケーションもうまくとれない、情緒不安定なダメ大学生です。

 

そこで僕は、本を読みました。生協に平積みされている本を順番に。面白い本もあれば、そうでない本もあったけど、いろいろ手に取りページをめくりました。それはギリギリ自分をつなぎとめるための作業でした。間違いなく、その時の僕は本に救われた。後になって解ったことだけど、それは「物語の効用」でした。

 

物語にはいろいろ効用があります。例えばこちら。 

本はやっぱり読むべき!? 読書は心身の健康にいいことが判明 「大脳が活性化」「アルツハイマー病の予防」「孤独を感じにくくなる」など | ロケットニュース24 

「物語を通じて他者の感情を体験することにより、相手の感情を推し量ることができるようになりコミュニケーション力がアップする」

ここにいろいろ書いてありますが、おそらく読書は、一番簡単な「メンタルコントロール」のためのツールです。さらに言えば、読書は「メタ認知」能力を養う働きをもっているのだと思います(大学時代の僕はこんな言葉を知らなかったわけですが)「メタ認知」という言葉がしっくりくる気がします。 

メタ認知メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それをおこなう能力をメタ認知能力という。

by Wikipedia

 

言い換えれば「自分の感情をコントロールする」力であり、「自分と他人を、切り離して考える」力だと思います(これは個人的な解釈です)。

 

この能力、いまの社会をうまく生きるうえで、とてつもなく大切な力だと思います。これができない多くの人が精神を病んでしまうことになる。「他人との違い」を気にしてしまったり、「他人が自分をどう思うか」に左右されたりする。つまり上司の発言にいちいち振り回されたり、恋人との関係に悩みすぎたりしてしまう。他者に感情をコントロールされると、生きるのは大変です。なぜなら人は、根本的に自分のことしか考えていない生きものだから。他人と完全に同調することなど未来永劫ありません。でも「自分と他人を分けて考える」ことは案外むずかしいことです。

 

ノルウェイの森で永沢さんが主人公に言う言葉。

 

「ワタナベも俺と同じように本質的には自分のことにしか興味が持てない人間なんだよ。自分が何を考え、何を感じ、どう行動するか。だから自分と他人とを切り離してものを考えることができる」

「俺とワタナベの似ているところはね、自分のことを他人に理解してほしいと思っていないところなんだ。他のやつらはみんな自分のことを周りの人間にわかってほしいと思ってあくせくしてる。でも俺とワタナベはそうじゃない。理解してもらわなくたってかまわないと思っているのさ。自分は自分で、他人は他人だって」

    ノルウェイの森

かなり嫌な口調で言っていますが、実はとてもいいことを言ってます。

 

「メタ認知」はいわば、自分の感情世界の外側に、もう一つの世界を作り上げるようなことです。そのことにより、自分の感情を客観的にとらえ、感情をコントロールすることができます。本を読むことを繰り返せば、間違いなく「メタ認知」能力を養うことができます。孤独となって他者の感情と向き合うことを通して、自分の感情を知ることができるからです。

 

そこでやはりおすすめしたくなるのが、村上春樹の小説です。 なぜなら村上春樹は、かなりあからさまに「物語の世界と、現実の世界の往復」ということを念頭において小説を書いている人だからです。つまり「救済のための物語」を書くひとだからです。

 

例えば、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は、二つの物語が並列して進んでいきます。しかも僕」と「私」と「俺」という、人物が登場します。つまり、同一人物を三つの人格から描いていくわけです。

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

 

 

実際、悪い宗教にはまって抜け出せなくなった人が、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を何度も読んで、そこから抜け出すことができたと、村上春樹に感謝の手紙を送ったというエピソードもあります。村上春樹は良い物語の効用を「白魔法」と呼び、悪い宗教のような悪いフィクションを「黒魔法」と呼んでいます。

 

 

本は、別の世界を知るためのツールです。簡単に、別の世界を覗くことができるのです。ページを開けば、どこへでもいけます。「どこでもドア」であり「タイムマシーン」であり、他者の感情を覗く「窓」であり、それによって自分の感情を知る「鏡」です。しかも、とてもつなく安いわけです。ビール一杯より、安いですから。

 

もしも人間関係に疲れたり、会社にいくのが嫌になったりしたら、生きるのがツラくなったり、まずは本のなかにある世界へ避難してみてください。それが僕が唯一、悩んでいる人に差し出せる手段です。

 

とある小説家がとてもいいことを言っています。

なんのために小説を書くかといえば、

結局はこれに尽きる ──

あなたはひとりぼっちじゃないんですよ、

と伝えるため。

スーザン・ヒル(イギリスの小説家) 

 

こうやって人は、物語を書きつづけ、生き続けるのでしょう。

どうかこれからも、いい物語が生まれ続けますように。

 

というわけで最初にもどって、この夏休みは、「新潮文庫の100冊」の世界へどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。 全部買っても、68000円くらいらしいですよ。

 

以上です。

 

「メキシコの漁師とMBAコンサルタント」の話から考える仕事感について

「漁師とコンサルタント」という有名な話がある。

僕はこの話がとても好きです。

たぶん、有名なので知ってる人は多いと思いますが、だいたいこんな話。

 

f:id:MAKINO1121:20140503010617j:plain

 

 

メキシコの海岸沿いの小さな村に、MBAをもつアメリカのコンサルタントが訪れた。
ある漁師の船を見ると活きのいい魚が獲れている。

 

コンサルタントは聞いた。


「いい魚ですね。漁にはどのくらいの時間かかるのですか?」
「そうだな、数時間ってとこだな。」

「まだ日は高いのに、こんなに早く帰ってどうするのですか?」


「妻とのんびりするよ。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しみ、それで、寝ちまうよ。」

それを聞いてコンサルタントはさらに質問をした。
「なぜもう少し頑張って漁をしないのですか?」

漁師は聞き返した。

「どうして?」と。

「もっと漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっと多くの金が手に入り、大きな船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益がでる。」

 

「それで?」と漁師は聴く。

 

コンサルタントは答える。

「次は都市のレストランに直接納入しよう。さらに大きな利益がうまれる。そうしたら、この小さな村から出て、メキシコシティに行く。その後はニューヨークに行って、企業組織を運営すればいいんだよ。」

「そのあとはどうするんだ?」漁師はさらに聞いた。

コンサルタントは満面の笑みでこう答えた。

「そこからが最高だ。企業をIPOさせて巨万の富を手に入れるんだ。」

「巨万の富か。それで、そのあとはどうするんだい?」と漁師は最後に質問した。

「そしたら悠々とリタイヤさ。小さな海辺の町に引っ越し、家族とのんびりシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しむ。のんびりした生活を送れるのさ。」

漁師はため息をつき、やれやれ、という顔で一言を付け加えた。


「・・・・そんな生活なら、もう手に入れているじゃないか。」

 

これはアメリカ(?)に伝わるビジネスジョークです。

資本主義の手先であるMBAを取得したコンサルタントの言うことなんて、

無意味でバカなただの笑いのネタみたいなもんですよ、と。

 

多くのひとは「ハハハ、そうだよMBAなんて、人の大切な生活に何の意味もなさないんだよ」と笑ったことでしょう。僕も最初聞いたときは、気の利いたジョークだなと思いました。

 

 

でも、本当にそうだろか?

 

すぐれた釣りの技術を持ち、必要最低限の仕事をし、シエスタを楽しみ、家族を大切にする。その価値観はすばらしい。サイコーだ。別にそれはそれでいい。

 

でも僕はそんな人生はごめんです。

 

そもそも、

 

ずっと釣りだけをしてのんびり過ごした60歳の男」と

がんばって仕事をし、仲間を増やし、船を買い、倉庫を買い、レストランとのコネクションを開拓し、ニューヨークで企業経営をし、リタイアして、ずっと釣りだけをしてのんびり過ごした60歳の男」は、

果たして同じ男でしょうか?

それは本当に同じ暮らしでしょうか。

広がっているのは同じ眺めでしょうか。

そうじゃないだろうと思うわけです。 

 

でも、この2つの生き方のどちらを選ぶかは、本当に人それぞれ違います。

俺の親友は割と前者の生き方を愛する人が多いかもしれない。

 でも俺はあえて言うのだけど、

できるだけ多くの人に後者の人生を選んでほしいと思ってしまいます。

 

とても大きな苦労をするに違いない。

せっかく手に入れた仲間に裏切られて決別したかもしれない。

規模を拡大しすぎてうまくいかなくて頭を抱えたかもしれない。

レストランの開拓も思うようにいかなかったかもしれない。

企業経営なんて未知のセカイはきっと苦労しただろう。

 

でも、きっと、たくさんのものを得て、成長したに違いないわけだ。

多くの人と出会い、心が動き、時には涙を流して仲間と喜びあったかもしれない。

もしくは喜びなんかなくて、絶望しかなかったのかもしれない。

でも最後には「あぁうまくいかなったけど、俺はチャレンジした」と、

数多の出来事と出会いを振り返りながら、眺める海はやっぱりとてもすばらしいんじゃないだろうか、と思うんです。

 

「漁師とコンサルタント」の話は、決して「まぬけなMBAコンサルタント」という話としては片付けられない、テーマなんじゃないか、と酔っぱらってひとり考えてしまうわけです。

 

以上です。

 

追記:

昨日の夜、知り合いが起業してあたらしい事業を起こした

その決起集会にいってきて、酔っぱらいながら書いてしまった。

どれだけ大変な道のりかは解らないけど、

たくさんの仲間に支えられて楽しそうでした。

そういうチャレンジをする人たちを応援したいと思います。

 

 

前途を祝して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごはんはちゃんと残しましょう。

「ごはんはちゃんと残しましょう」

という記事を昔Facebookで書いたらみんなから怒られました。

なんてもったいない!何を言ってるんだ!!!と。

もう少し賛同してくれる人がいてくれてもいいと思ったのでけっこう凹みました。

僕の文章がヘタだったのもあるのだと思う。

なので、もう一度チャレンジしたいと思った次第です。 

 

--------------------------------------------------

 

「ゴハンは残さず食べましょう」

そういう教えがこの日本には確実に存在している。

(世界ではそうでない国もたくさんあると聞きますが)

それがどこから始まったのかは、浅学の僕は知りません。

でも僕はこの教えが、小さい頃から理解できなかった。

 

「自分にとっての適量を自分の机の上に用意するように努力すべきだ」という教えなら、よく理解できます。僕だってできるだけその努力をしている。家で食べるときなら、自分でご飯やおかずの量を調節すればいい。それでこの議論は終了する。

 

でもこの社会で暮らしていると、なかなかそうもいかない。 

 

はじめていったレストランでは、メニューを見たところで分量が解らず、想像よりも多めにでてきてしまうことがある。事前にシェフに分量を聞くことができればいいがそれもなかなか難しい。

僕は牛丼屋では「ごはん、半分でお願いします」といつも言う。つけ麺屋では、麺を1/3にしてもらう(コレを言うと笑われることすらある)。でもそれで減ってでてこないことは多い。さらに、結婚パーティなんか行くとその調整は難しい。というか無理だ。食べ放題みたいな宴会もそうだ。自分の体調だってある。食べ始めたら気持ち悪くなるようなときだってなくはない。学校の給食だって、30人分ピッタリの量が出てくるなてありえない。誰かが休めば、かならず多くでてくるのだから。

 

そうやって、

どうしても「机の上に自分にとって適量ではない量の食事が並んでしまう」ということは往々にしてある。誰の人生にだって、だいたいあるはずだ。これが無い人は、賢人なので僕が言うことはなにもない。

 

問題は、仮にその状態になったときに

一粒残らず無理して食べる」ことにいったい何の意味があるのだろうということです。

僕はそこに何の意味を感じれなかったし、今でも感じていない。だから予想より多くでてきしまったときはだいたい残す。遠慮なく。そして怒られる。 

逆に、残さず無理して食べることは、個人にとっても、社会にとっても害悪のほうが大きいように僕は思う。 

おなかいっぱいになったあとに無理して食べると、とうぜん食べ過ぎなのでメタボになる可能性が高まる。おなかいっぱいになった以上のものを食べるのだから、もちろん食べ過ぎなわけだ。それを繰り返すときっと胃袋が拡がって、満腹中枢もズレていって(推測だけど)、太って、消費カロリーは増え、また食べる量が増えていく。悪循環。

 

もう一個の大きな問題は社会における適切な食事量に関してです

例えば定食屋さんで考えてみて、仮に「多くの人が最後の一口を、無理して多めに、残さず食べている」としたら、それは供給量がムダに多いということになる。なんてモッタイナイ。

仮に「みんなが最後にちょっとずつ、ちゃんと残す」ようになったら、どこかで経営者なり店長が気づいて「もう少しごはん少なくても大丈夫そうだから利益率をあげよう」ということになるはずだ。それは定食屋さんに限らず、パーティだってそうだし、社会全体で同じことが言える。

つまり「ちゃんとごはんを残す」というのは「もうちょっと少なくてよかった」という意思表示であり、それは少しずつ「社会全体における適切な食事の供給量」を調整していくほうに働く、というのが僕の考え方です。

結果として、社会全体における食事量が最適化され、作物のムダが減ると考えるわけです(そして余計なメタボも減って社会も健康になっていくイッセキニチョウ)

  

 

とりあえず以上です。

 

で、ここからは余談。

 

炎上したのにまたここで書こうと思ったのは、

「これはもっとちゃんと議論したほうがいいテーマ」だと思うのと

「昔の嫌な想い出」を引きずっているからでもあります。

(※決してオバマ大統領が寿司を残した話とは何の関係もありません)

  

小学校5年の頃の想い出です。

同じ班の女の子が給食を食べきれなくて、先生が怒っていた。

「世界にはごはんが食べられない人もいるんですよ」

小学校の頃の僕はそこでキレた。今でも覚えている。

「だったら、先生が(食べられない子どもに)持っていってあげればいいじゃないですか」

と言って僕もそのあと一緒に怒られた。

 

その先生が言ってるのはただのキレイゴトであり、なんの解決策にもなっていないことが小学生の俺にだって解った。その女の子が無理して食べて、世界のどっかで子どもが救われるんですか?

もちろん、僕がここで書いていることも、それが全て正しいわけではない。これは一つの考え方だ。 

僕はそういう大人が嫌いだった。どっかで拾って来た空疎な言葉を並べ、誰か他人の旗を掲げ、想像力なき思想を、無知な子どもたちに押し付けようとする大人たち。

 

あのとき、きちんと反論できなかった、恨みにも似たような気持ちを今ここで書いている俺も大人げないのだけど。あのミニスカはいてた先生は、今はいい先生になったのかな。

 

今度こそ、以上です。