読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるダメな新米コピーライターの話。

先日、博報堂の先輩と飲みながら、昔話をした。

とある「コピーのかけないコピーライターの話」だ。

 

そのコピーライターは、本当にダメコピーライターだった。広告のイロハもわからず、きちんとした文章を書く訓練もされていなかった。出身が理系だったから、理屈はわかるが、おもしろくない。そういうやつだ。

 

とある新規プロジェクトが始まったとき、上司のCDは言った。「この仕事はお前がメインのコピーライターをやろう。」そのコピーライターにとって、始めてメインではいる仕事だから、そいつはとても喜んだ。半人前から、一人前になったような気がしたのだろう。その仕事に全身全霊で懸命にとりくんでいたし、実際に眠る時間も家に帰る時間も惜しんでコピーを書いていた。

 

だけど、彼には何も書けなかった。気の利いたキャッチコピーも、深みのあるボディコピーも書けなかった。PCと紙とを交互に向かい合って書いたりしていたけど「広告になる文章」を書くことができなかった。でもコピーライターが書けなかろうが、締め切りの日はきちんとやってくる。いくら努力をしても、締切は待ってはくれない。

 

クライアントにコピーを提案する日が来ても、社内の制作チーム(営業、CD、アートディレクターの方々)が、納得するものを書くことはできなかった。でも提案の日時はちゃんとやってきた。

 

提案の日時になっても、コピーはない。先輩営業と営業部長は、何も持たずにクライアントへ行き「うちのコピーライターが頑張っているから、もう少し待ってほしい」と言いに行ってくれた。しかもそれが2,3回続いた。いつまでも、コピーライターがコピーを書けないがために、その営業の二人は、ただただ謝るためだけにクライアントへ足を運んでくれた。

 

でも広告の出稿の時期だけは絶対にズラすわけにはいかないから、当然締め切りはやってくる。営業は「二年目のあいつだけじゃ足りない。もっと経験のあるコピーライターをいれるべきだ」と、コピーライターの上司であるCD(クリエイティブ・ディレクター)に掛け合った。博報堂の営業はプロジェクト・マネジメントが仕事だから、当たり前の判断だった。しかし僕の上司であるCDは、首を縦にふらない。「大丈夫、あいつならできるからこのメンバーでやる」と言っていた。

 

コピーライターは締め切りの直前まで、コピーを書きつづけた。しかし終ぞ、みんなが納得するコピーを書くことはできなかった。結局、締め切りの直前に、上司のCDが書き直しをして、それをデザインに反映させて提案した。上司が書き直したボディコピーは、新米コピーライターがつくるより格段によくなっていた。

 

広告は無事に完成し、世の中にもきちんと出た。それはとてもいい広告だったと思うけど、自分はその広告をみて「自分がやった仕事だ」なんてことは決して思えないものだった。この仕事で、初めて泣いた。悔しくて泣いたのなんて、高校の部活の試合で負けたとき以来だったかもしれない。

 

そんな昔話を、営業の先輩と二人で飲みながら話をしたら、また泣きそうになった。

 

あるところにコピーの書けないコピーライターがいた。それでもできると信じて、成長を見込んで、仕事を任せてくれた上司がいて、クライアントに迷惑をかけても謝りにだけいってくれた営業の人たちがいた。本当に、本当にかっこいい上司たちだった。

 

本当にすばらしい場所にいたんだな、と最近になってつくづく思う。 

あの頃の恩を、今も返せていない。

それをいつか返せるようにがんばろうと思うけれど、まだその見通しもない。

だけど、今もあのときの背中を追いかけて、仕事をしています。

ありがとうございました。

 

 

 

 

広告を非表示にする

東京コピーライターズクラブ(TCC)は、そろそろ解散すべきだと思う。

この場を借りて、愚痴をぶちまけようと思う。愚痴であり、嘆きでもあり、怒りでもある。そして悲しみとも言えるほど、僕はいま怒っている。それで眠れなくなってしまったので、macを引っ張り出して書き始めてしまった。何に怒っているかといえば、この広告に関してです。

 

f:id:MAKINO1121:20160204040235j:plain

 

いくらなんでも酷すぎる。何がひどいか、きっとみんなわからないと思うので説明します。これはTCC(東京コピーライターズクラブ)という団体の広告であり、「コピーライターの賞」の応募広告である。そしてここに写っている方々は、広告界の超大物、重鎮の三人です。みなさん素晴らしい広告を作り上げてきた方です。しかしコピーはこう書いてある。

 

誰に、

ほめられたいんですか?

 

「いいね!」と

仲間うちに褒められるのも

うれしいんでしょうけど、

本当は、誰よりも、

一番厳しいあの人に褒められたい。

ですよね?

 

 

いや、違うでしょ?そんなチンケな理由でコピー書いてるんですか?重鎮に褒められたいから日々の仕事をしているんですか?上のひとに認められたいから、仕事するんですか?

 

この広告が、広告業界のダメさ加減を物語っているように思います。つまり、閉鎖的で、内輪的で、排他的で、「社会のほうを見ていない」ということが表れてしまっている。

 

もしかしたらどこの業界も一緒なのかもしれません。でも広告界はその傾向が強いと思います。なぜなら、広告ビジネスというメディアビジネスそのものが排他性が強いからです。コピーライターに限らず、デザイナーの賞も近いものがあります。その排他性や閉鎖性が、エンブレムの問題の大きな要因だったと考えています。

 

コピーライターになると、まずは「TCC新人賞」を目指します。新人賞を取ると、一人前として認められる世界なのです。知ってましたか? そして新人賞を取ると待っているものがあります。月額5000円の会費です。その見返りは「TCC会員」と書けることですが、そんなものに意味あるとは到底思えません。5000円で日経新聞とったほうがはるかに得です。お釣りもでますし、有益です。

  

結局なにが言いたいかというと、こういった内輪の団体は、もう必要ないのではないかということです。「コピーライター」とう職の知名度が低い時代に、ある程度の役目は果たしてきたのかもしれませんが、今の時代はいいものは社会が評価してくれます。

 

そして何より、仕事をする上では「自分の実感」こそが大事です。「いいコピーがかけた。」「いい文章がかけた。」そういう実感こそが、何より大切なはずなのです。「自分がどうしても生み出したい」、「書きたい」そういう感情こそが原動力のはずです。クリエイターと呼ばれる職種ならなおさら。

 

褒められるのはもちろん嬉しいけれど、それは副産物です。そして褒めてもらうのは読者であり、受け手です。間違っても、業界の重鎮たちじゃないはずです。だから僕はこの「コピーライターの広告」が嫌いなのです。 

 

村上春樹さんの言葉を引用します。

自分の「実感」を何より信じましょう。たとえ周りがなんと言おうと、そんなことは関係ありません。書き手にとっても、読み手にとっても、「実感」にまさる基準はどこにもありません。

 

村上春樹「職業としての小説家」

 

賞に頼るというのは、自分の実感を信じていない証拠です。自分の実感に勝る基準はどこにもありません。賞を授ける団体は、もう解散しましょう。そして自分の実感を何より信じましょう。そうすれば、きっとコピー界も広告界もよりよい世界になるはずです。

 

 

自分の「実感」を何より信じましょう。

仕事において「実感」にまさる基準はどこにもありません。 

 

『デザイン思考』とは何か。

Design デザイン思考

2015年は「デザイン思考(Design Thinking)」という言葉が日本で割と一般的になった年だったような気がします(この一年で「デザイン思考」にまつわる本が100冊近くもでたとか)。しかしながら、その本質を理解している人はとても少ないようです。当たり前なのですが「デザイン思考とは何か」を理解するためには、「デザインとは何か」を理解する必要があります。日本はデザインに対する教育が、義務教育はもちろん大学ですらほとんどないので、デザインのことを理解するビジネスマンがとても少ないのが現状です。

 

デザイン思考語るのは、一筋縄でいきません。なんとか一言で言い切ってしまうとこうなります。

 

本質的な問題の発見/設定し、②「感性」に則った「創造的」問題解決を目指す思考。 

   

①を「水平思考」と呼んだりもするようです。何か課題に直面した時に、「どこに問題があるのか」を正確に把握する必要があります。常識、慣習にとらわれずに、ゼロベースで現状を見極め、問題を発見する力です。これが案外難しいものです

 ②の「創造的な手法」とは、今はない何かを創造することによって、問題を解決することです。やり方を少し改善するとか、回数を増やすとか、そういう「既存の延長線上の考え」ではなく「創る」ことによって問題を解決することです。そしてそれらは往々にして「ひとの感性」をうまくとれえることが重要になります。それが「デザイン」たる所以です。

 

と言ったところで、「デザイン思考」の概念はとても分かりづらく説明しづらいので、具体例をもって語るのがいちばんいいです。というわけでいくつかケースをあげました。参考書は「宇宙兄弟です。

 

1. 公共のトイレの掃除

2. フジテレビの視聴率低迷の原因

3. 宇宙兄弟に学ぶデザイン思考①「コロッケ・イノベーション

4. 宇宙兄弟に学ぶデザイン思考②「ロケットの打ち上げの費用を下げるには」

5. 「文鳥文庫」自社プロダクトの紹介 

  

 

--------CASE1 公共のトイレの掃除 -----------

 

例えば「駅のトイレをきれいに掃除をする」ことが課題だとします。駅や空港といった公共施設では、トイレの清掃は大きなオペレーションです。そして、公共トイレというのは、放っておくとあっという間に地獄のような状態になります。

 

さて、どうするといいでしょう。トイレの掃除の回数を増やすかもしれない。ルンバのようなトイレ掃除機を開発するかもしれない。汚れを取りやすくするモップを開発するかもしれないし、汚れにくい「抗菌」の床をつくるかもしれない。トイレの構造を変える必要があるのかもしれない。

 

どれも正しい解決方法です。

 

だけど例えば、「汚れたトイレをどう効率良く掃除するか」という考えから離れて、「そもそもトイレを汚れないようにする」ことのほうが「解決すべき問題としての優先度は高い」はずです。なぜなら汚れなければ掃除をする必要もなく、あらゆる意味でコストが下がるからです。

 

そこから先もいろいろ考えはあると思いますが、 例えばそこで「トイレの底にシールを貼る」、という解決策を思いついた人がいたらそれはデザイン思考の持ち主です(このケース、男性しかわかりませんよね、すみません)。

 

f:id:MAKINO1121:20160102144615p:plain

 

 

そこに的があれば、狙いたくなってしまう。それが男の性(本能)というもの!その「感性的」な行動を利用して、汚くなる可能性を下げることに成功するという話です(女性のみなさん、何言ってるかわからないでしょうけど)。一説によると、関西国際空港の方が思いついたアイデアだとかで、ものすごくトイレがきれいになり、掃除が楽になったということです。

 

トイレを「どうきれいにするか」ではなく「そもそも汚さない仕組みはないのか?」という問題設定に切り替えられるかがポイントであり(①本質的な問題の発見)、これが意外にできません。

 

さらに「シールを貼ったら、みんなそこに狙い撃ちするんじゃないか」という創造性(②創造的な問題の解決)は本当にすごいものだと思います。とても安価で、リスクの少ないチャレンジです。

 

--------CASE2 フジテレビ視聴率低迷の原因--------

一旦話がずれます。逆に「デザイン思考」が足らなかったケースを紹介します。それはフジテレビの凋落の原因に関してです。

 

フジテレビが見られなくなった理由はいろいろあると思うのですが、「テレビ欄がいちばん右側になった」ことが大きく関係していると思います(すでに多くの人がこれを指摘しています)。

 

ご存知の通り、地デジに変わるときに、チャンネルがガラッと変わりました。フジテレビは「8」という数字をキープする選択をしたので、テレビ欄がいちばん右側に移りました。慣習的に、テレビ欄は左のほうからみていきます。「人は数字を1のほうから追っていくほうが気持ちがいい」からです。リモコンも1か、もしくは4から順に押していくひとが多いのではないでしょうか(もちろんひとによっては逆からの人もいるとは思いますが)。

 

そうなると、テレビ欄を見たときも「フジテレビは最後にみる」し、チャンネルを順に押していくことにより「フジテレビは最後にみる」ことになります。視聴率争いにおいて、フリになるのは当たり前です。もちろんその証明になるわけではないのですが、現在の視聴率ランキングは、ほとんどチャンネル番号の順位になっています (テレ東も昔より伸びてますし)。

 

f:id:MAKINO1121:20160105174241p:plain

2016年3月期・上期視聴率

 

今さらなにを言ってもあとの祭りですが、デザイン思考(人の感性部分)をより意識し、大切にし、「人の感性的行動の大切さ」を追求できる人が必要だったのだと思います。いいテレビ番組をつくることと同じくらい、「チャンネルの順番」が「テレビをみるひとの行動を左右する」だろうともっと検証が必要だったように思います。創造的な解決の話ではありませんが、こういった場合にも「デザイン的思考」はあらゆるビジネスに重要になるのだと思います。

 

宇宙兄弟」に学ぶデザイン思考

宇宙兄弟」という小山宙哉さんが書かれている漫画があります。僕はいろんな意味でこの漫画が好きなのですが、読むたびにその創造性に驚かされます。そこらへんのデザイン思考の本を読むより、よっぽどデザイン思考が学べる書籍です。物語のなかで生み出される「デザイン思考」を2つ紹介します。※ネタバレですすみません

 

CASE3 コロッケ・イノベーション

 

f:id:MAKINO1121:20160102145331p:plain

 

例えば「コロッケの売り上げをあげる」という課題があるときに、何を問題とするかは無数の考えがあります。味、素材、ネーミング・・・。しかし、コロッケにおいて「カタチ」を重要視するのはなかなか生まれない問題提起です。

 

コロッケは丸いというのは、地球が丸いのと同じくらい当たり前のことだからです。生まれたときからコロッケはずっと丸いので、その固定概念からから抜けさすのは至難の技です。

 

 

f:id:MAKINO1121:20160102145538p:plain

 

そしてこのタブさんは、このセリカちゃんのために、新しいコロッケを開発します。それがこのハート形のコロッケです。ハートのほうがなんかちょっとおいしいね」というセリフがこれまたいいです。こうして、新しい「人の目を引く」「ひとの愛着をとらえる」コロッケがこの世界に「創造」されました。イノベーションは別にテクノロジーばかりじゃないんだぞ、と思い知らされました。

  

---------CASE3 ロケットのコストを下げる---------

 

ロケットの打上げには膨大なコストがかかります。 そのコストを下げることが主人公ムッタの使命となります(21巻)

 

さて、打上げコストを下げるには「ロケットを軽く」することが最重要課題です。そしてそのために、月面の開発に使う資材をどれだけ「減らせる」か「軽くする」ことが大切になってきます。しかしながら、資材のコストを一つ一つ軽くしていくことはとても手間がかかるし、ものすごく軽くなることは期待できません。そこで主人公ムッタが考えるアイデアは「必要な資材を月面で作ればいい」というものです。

 

f:id:MAKINO1121:20160103191023p:plain

 

3Dプリンター1台を月に持っていくことで、その他の資材は月で作れるようしてしまえば、いちいち地球から運ぶ必要がありません。その素材は月にある砂、レゴリスを使うので原料は月にいくらでもあります (本当に月の砂で作れるかどうは知りませんが)。

 

「打ち上げのロケットを軽くしろ」という課題に対して、積荷自体の「軽量化」という、垂直思考から抜けだして、「月で作ればいいじゃないか」という問題をすり替えることは、なかなか出来ることじゃありません。

 

ケースを見ているだけだと「なんだ、そんなこと簡単じゃないか」と思われるかもしれませんが、これは本当に難しいのです。宇宙兄弟を書いている小山さんは、間違いなくデザイン思考の達人だと思います。日本のメーカーのコンサルティングをしてほしいくらいです。

 

 

--------CASE5 文鳥文庫---------

ここぞとばかりに自社のプロダクトの話で恐縮ですが、文鳥文庫というものをつくりました。16ページ以内の素晴らしい短編小説を、蛇腹型に印刷して、カードのように販売するものです。 

 

bunko-1-cef5f00b28da532e731a4de099cd74f579ba2f02ea6f21a85aa9c24ad5e5fa63

 

数ページの作品を収録するには、製本するよりも、蛇腹型にしたほうが安定しますし、案外、読みづらさはありません。従来の本という形式は、短い作品に適していません。だから、走れメロスなどは「短編集」として販売せざるをえませんでした。それは本というデザインに瑕疵があったと言えます。短編には短編にあった「本の姿」を考える必要がありました。それで今回、こういった蛇腹型の形式で販売することになりました。

 

「本」という枯れた文化であっても、まだ新しくデザインされる可能性がいくらでも残ってるのだから、どんなもにでもきっとその可能性があるはずです。

 

どうして今「デザイン思考」が重要視されているか。

縄文時代に土器を作ることも立派なデザイン思考でした。椅子を作る、机をつくる、お箸をつくる。全部デザイン思考によって生まれたものです。ずっと昔からあった、人間的な行為です。

それにもかかわらず2016年になった今頃「デザイン思考」とか言われている理由は、社会から「創造性」が減ったからです。物が溢れて「創造する対象が減った、または難しくなった」ことにより「創造しようとする人」が減ったのだと思います仕事の多くが、創造することではなく、従来のシステムを回す労働に費やされています。生産性が低い国と言われても仕方がありません。  

 

たまに「デザイン思考とはプロセスである」という説明を見かけますが、これは間違いです。デザイン思考は、プロセスではなく、思考・姿勢です。大手のデザインファームが「売りやすく」するためにプロセス化しているにすぎません。

 

デザインファームが大手の企業にたいして行う「デザイン思考ワークショップ」は、数千万円、ときには1億円かかることがあります。3ヶ月くらいのプロジェクトを組み、テーマをブレストし、拡散してから、壁にポストイットを貼って、フィールドリサーチに出て、写真をとったり、プロトタイプを作るなどをします。しかしながら、ご想像のとおり、そこで何かが生まれることは稀です。そもそも、僕はデザイナーがポストイットを壁に貼ってる姿なんてみたことがありません。 

 

結局のところ、デザイン思考は、デザインとほぼ同義です。それはとても個人的でストイックな「創造性」です。卓上のPC画面だけでは考えられない、現場主義であり、常識や前例にとらわれない自由さが必要になります。もし本当にデザイン思考を学びたければ、デザインを学ぶべきです。世界の成り立ちを知り、空間のことを考え、素材に触れ、技法を学び、なにより「ものをつくる」ことです。

 

どうか、日本の企業のみなさんは、高いお金を払って「デザイン思考ワークショップ」なんてものを買うのはやめてほしいと思います。それは、創造性の放棄に等しい行為だと思います。

  

 

こんな記事が広がっていました。言いたいことはその通りなのですが、1つめの「“デザイン”の概念がどんどん広がっていく」というのは、完全に間違っています。デザインの概念は広がることなんてくなく、いつの時代も変わらないものであり、それはつまり「よりよい、正しい社会」を追求する行為です(詳しくは以前会社のブログにも書きました)。

 

デザイン思考という言葉に、大した意味があるとは思っていません。「データ」と呼んでいたものを、ある日から「ビッグデータ」と呼びだしたということに近いと思います。言葉に本質的な意味はありませんが、それによって、デザインに対する興味を持つひとが増え、実際にデザインするひとが増え、そしていいデザインが生まれるようになれば、よりよい社会になっていくだろうなと期待しています。

 

みなさん、ぜひとも宇宙兄弟を読んで、デザイン思考を学んでみてください。

 

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

起業して、よかったこと、悪かったことを、つらつらと。

2015年に取り組んだ最も大きな仕事は「会社を辞める」ことでした。

たかだか会社を辞めるということが、どうしてあんなに大仕事になるのだろうかとも思いつつ、半年がたち、振り返ってみて「辞められたこと」は、やはりとても意義のある出来事だったと考えています。

 

どうして博報堂を辞めたのかに関しては、大きなところから小さなところまであるし、ネガティブもポジティブなこともあるしと、数えだしたらキリがありませんが、いくつかキーになったことだけ書いておこうと思います。

 

 

⑴ 6年周期信仰

「会社の常識は、社会の非常識だ」と誰かが言いました。本当にその通りだと思います。どれだけ大きな会社だとしても、そこはとても小さな社会です。

なかでも博報堂という会社は、とても独自的であるがゆえに閉鎖的で流動性のひくい会社でした。その中に留まることに対する危機感は絶えずありました。大前提として、一つの場所に留まることは、成長という観点で言えばとても危険なことだと考えていたからです。それが例え、どれだけ優れた組織であれ。

 

自分は「6年周期信仰」というものを、やんわりと持っています。小学校に入るまで6年。中高で6年。大学・大学院で6年。会社生活も6年で、ちょうど30歳でした。はじめの一歩を踏み出す、背中を教えてくれるきっかけとしては、ちょうどいいジンクスです。

 

⑵  「つくる側」にいくこと

入社してすぐ「クリエイティブ局」に配属されコピーライターをしていました。広告クリエイターという仕事は、なんだかとても「もてはやされ」ています。それがとても不思議でした。なぜなら広告クリエイターよりも、メーカーの人たちのほうがよほど「創造的な仕事」をしているように思えたからです。 

広告は、他人のお金で、人の意思の範疇で何かを作ります。金銭的なリスクもなければ、責任をとることも稀です。極端な話「当たれば広告のおかげ、外れたら商品のせい」にできてしまう世界です。もちろん素晴らしいCMやグラフィックを作るひとはたくさんいたし、それはものすごい才能と努力の賜物です。だけど自分のリスクをとって、ゼロからものづくりをするひとに、より強い憧れるようになりました。プレゼンをしていても「あっち側に行きたい」と思ってしまうのだから、もう行くしかありません。

 

⑶ くだらない組織事情からの解放

ただの愚痴ですが、会社のくだらない仕組みがとても嫌いでした。20人もいるような会議がありました。誰も読まない議事録を書くことがありました。外部の業者を呼んだくだらない研修がありました。動き出すまえに「説明しなければならないひと」が多すぎました。この時代に「出先表」を書けと言われることがありました。30歳にもなって、そんなことに縛られている自分にうんざりしていました。

 

会社を辞めてからのこと

「文鳥社」という会社をつくりました。そこで「文鳥文庫」というプロダクトをつくりました。いま思えば、自分たちの手で何かをつくり、自分たちで販売するというのは初めての経験でした。それらを喜んでくれるひとがいる、というのは本当にうれしいことです。 文鳥文庫は、ネットや書店を通じて、いい感じに販売をスタートできました。

f:id:MAKINO1121:20160103203028j:plain

 (写真は「無印良品 有楽町店」 文鳥教の祭壇と呼ばれています)

 

第二弾では尊敬する村上春樹さんの作品「四月のある晴れた朝に100%の女の子とに出会うことについて」を出版しました。まだはじまって間もない文鳥文庫から出版できたるというのは、夢のような話です。無印良品さんで取り扱っていただけていることもありがたいことです。文鳥文庫という一つのプロダクトを通して、多くのひとに出会え、繋がれたことは1年間の大きな収穫でした。

 

<目覚まし時計のない生活> 

当たり前ですが、仕事の環境が変わりました。時間の自由、為すことの自由があります。全ては自分の裁量次第であり「くだらない会議」なんてものはなくなりました。毎日、あたらしいビジネスのことを考えられるのはとても楽しいことです。

 

例えば、この半年、ほとんど「目覚まし時計」をかけなくなりました。午前中には打ち合わせをいれないようにして自分の作業にあてているので「無理をして起きる」ということが必要なったからです。目覚まし時計ほど人の体に悪いものもないのではと最近は考えています。そして、不思議なことに、前よりもちゃんと起きています。

 

<反省> 

しかしながら、会社を始めてみて、反省点があまりにたくさんあります。正直にいえば、ちょっと舐めてました。

 

雇用というものは、本当に難しいことなのだと実感しました。 誰かを社員としてきちんと雇用することがまだできていません。世の中の会社は、こんなことを平気でやっているんだからみんなすごいものです。

 

また、ストレスという意味では、以前と変わっていません。ストレスって環境じゃなくて、自分の性格次第なんだな、と実感しています。くだらない打ち合わせのストレスは減ったけど、お金のことを考えるストレスは増えました。営業も、資金繰りも、在庫も、デザインのことも、トイレットペーパーのことも考えています。ミスが多く、たくさん損をした部分もあります。

 

<失うものなんてなかった>

辞めてから気づいたのですが、辞めてから失ったものって本当になにもないのだな、と。安定のサラリーくらいですが、同じ量働けば同じくらいは稼げるものです。

大学を出たばかりの頃、自分はなにも持っていなかった。そこに戻ったような感じがします。というか、別に博報堂にいたときだって、なにも持ってなくて、何かを持っているような気がするだけでした。ゼロからまた始められるというのは、とても楽しいことですね。

 

<つくること、うごくこと> 

小さな悩みは増えましたが「大きな悩み」がなくなりました。それは「自分の人生はこれでよいのだろうか」という漠然とした最も大きな悩みです。会社にいるときは、その亡霊のような悩みに付きまとわれていた気がします。こういった「漠然とした亡霊のような悩み」は、歩き出すとたいていは消えさるものです。

 

困難の数は変わらないけど、進むべき道は間違っていないという実感があります。「何かを作り、販売する」というシンプルなことが、圧倒的に楽しく、素晴らしい仕事であると実感しています。だから総じて、2015年、辞めたことは大きな一歩でした。

 

辞めて拓ける世界があることは事実です。新しい結びつきがたくさんありました。そこからいくつかは仕事となり、形になっていくのが今から楽しみです。今年はいくつかの事業を形にし、収益をあげ、ひとを雇用していける一年にしようと思います。

 

次に6年周期を迎える36歳までに、どこまで自分と会社を成長させられるか。それを考えると、楽しみもあり、不安もありますが、飛ぶ鳥を落とさない程度に、頑張っていこうと思います。

 

f:id:MAKINO1121:20160103211159p:plain

 (仕事を見にくる文鳥会長の写真) 

「はあちゅう」という生物について。

 

はあちゅう」とは、社会人同期で、彼女が電通に入社した同じ年に、僕は博報堂に入社していた。

 

まったく面識はなかったのだけど、その頃から「はあちゅう」という名はよく聞いていた。彼女は、東京の都市伝説のように存在した。見たことはないのだけど、なぜかよく耳にする。「女子大生ブロガーで有名なあの子が、電通に同期で入社したらしい」。もういけすかない感じがするじゃないですか。

 

そんなわけで、僕は「はあちゅう」という生物を「敵視」していた。なにが「はあちゅう」だ、と。失礼な話なのでけど、会ったこともないのに敵視している人はけっこういる。とくに「広告界クリエイター」は嫌いな人だらけだった。よくわかっていないけど、はあちゅう」は、「あっち側」にいる人だと思っていた。

 

しかし悔しいことに、「敵視をする」ということは、「無視できない」存在であるということでもある。

 

だから「はあちゅう」の動向は、なんとなく視界に入ってきてしまう。そのころの電通の人事制度では1年目はクリエイティブにはいけないので、はあちゅうは名古屋に配属されたらしい。何としてもクリエイティブへという一心に努力をして、その冬に東京のクリエイティブに配属されたらしい。そんな電通も3年くらいでやめるのだが、タダでは辞めない。ちゃんと本も出してから辞めているらしい。

 

アドガール 大手広告代理店新人日記

アドガール 大手広告代理店新人日記

 

 

そしてトレンダースというこれまた僕がよく分からないイケイケの会社に転職し、いまはフリーで活動しているらしい(すべてうろ覚え)。だんだんと上に進んでいる感じが、 やっぱりいけすかないですよね。

 

そんな「はあちゅう」から連絡をもらったのは、自分が博報堂をやめて文鳥社を立ち上げたときでした。文鳥社、はじめました。 」を読んでくれて、会いましょうと言ってくれた。なんだかんだ興味を持っていたので、会わない理由はありません。

 

そんなわけで、僕ははあちゅうに会いにいった。

 

渋谷のガパオライス屋さんで会って、ガパオを食べながら1時間半くらい話をした。そのときに思ったことは、

 

彼女はとても不器用で、とても直向きな人でした。

 

ということでした。 

俺の話し方が下手なときは、遠くを眺めて眉間にしわがよって、顔中に「???」が浮かびあがるからわかりやすい(器用な人はもっとオブラートに表現する)。つまらない話は聞き流すし、質問やツッコミはなんだか手厳しい。俺みたいなちっぽけな人間の中にさえも、全力で自分の何か得られる物事を探しだそうとしていた。短い時間の中で、少しでも成長することを、切実に望んでいた。

 

不器用で、直向きで、自分が少しでも「前に進んでいる」という実感を糧に生きている人なんだと思った。そういう意味では同類な気がした。

 

そういわけで、「はあちゅう」像を修正することになってしまった。どこに行っても、器用に立ち回っているあのはあちゅうはどこにもいなかった。

 

「文章を書いて生きていけるようになりたい」というようなことを彼女は言っていた。小さいころから作家になることが夢だったと。今の時代、文章を書いていきていくなんてことはなかなかできることじゃない。自分には絶対できない。でも彼女はそれをきちんとやっている。

  

文章を書いて、書いて、書きまくって、様々な最新のメディアを探して、文章をひとに届けて生きている。それは孤独で大変な作業だということは俺だってわかるし、同世代で、これだけ「書いて」生きているひとを僕は他にほとんど知らない。

 

けんすうさんが書いてたように、彼女は才能よりも、「努力」と「犠牲」を払ってここまで歩んできた人なのだと思う。それ自体がものすごい才能なのだけど。

 

ランチしたときのことを、こんな風に書いてくれていました。 (なぜか写真がイケハヤさんですが)

lineblog.me

----------------------------------------------------------------------------

f:id:MAKINO1121:20151202144150p:plain

 ----------------------------------------------------------------------------

 

なんてありがたいことだろう。控えめに言って、とても嬉しいことです。 

 

はあちゅう」は、別の場所で、こんなことも言っているらしい。

  

「私がどんなに傷ついても悪く言われても構いません。とにかく私の名前が売れればいいので、ブログに書いてください」

 

この言葉、本当にすごい。普通は、傷つくことを恐れて、何も発信しない道を選ぶ。

 

はい、書きますよ。謝罪と感謝をこめつつも。「あいつも、はあちゅうの手に落ちたか」と誰かが言っている声が聞こえますが、そんことは些細なことです。はこれくらいしか書けないのですが、いつか一緒に仕事ができたらうれしいです。

 

彼女に関してはいろいろな人がいろいろなことをいう。でも結局のところ、「はあちゅう」のことを無視することなんてできない。なぜなら彼女は意思を持って、傷つきながらも前に進もうとする、数少ないひとだから。

 

ヒガミにやっかみ。妬みや誹謗。どこか遠くから飛んでくる、言葉の石がたくさん降りそそぐ道の中を、傷つきながら努力をし、チャレンジし、前をむいて進んでいこうとする「はあちゅう」という生物に、敬意をいだきつつ、小さないながらもエールを送りたいと思います。

 

これからも、楽しみにしています。

広告を非表示にする